【1000円以下】タイ・バンコクのオススメお土産6選!これだけ買えば喜ばれる!

ファッション

 

知りたい人
タイ・バンコクに遊びに行くんだけど、お土産は何がいいかな、、、。そんなにお金もかけれないし、お手頃で1,000円以下のお土産はあるのかな?できるなら喜んでもらえる物がいいかな。。

 

今回は、上記の質問に答えていきます。

海外旅行に行った際には、最終日の一日がお土産を買う時間で終了!ということも皆さんあるかと思います。

それも色んな人にお土産を用意すると、ありえない金額になることが。。。。オーマイガー。

 

しかし安心してください、この記事では1,000円以下のお土産しか紹介しません!

是非、参考にしていただければ幸いです。

早速ですが、見ていきましょう。

 

✔本記事に書いている内容

・1000円以下限定!タイ・バンコクのオススメお土産6選!

・タイのお土産はこれだけ買えば喜ばれる!

・買ってはいけないタイのお土産は?

 

✔本記事を書いている人

こんにちはリョースケです。

僕は30代になってから、タイの魅力にどっぷりハマってしまったタイマニアです。

この記事では、できるだけタイの『ここが最高だよ!』というような、とびきりな情報を提供していきますね!

現地にいきタイの屋台文化、寺院や観光地、遊び場など、僕がいろいろ見て厳選した場所を紹介。

旅行に行った際に、ぜひ参考になれば幸いです。

 

【1000円以下】タイ・バンコクのオススメお土産6選!これだけ買えば喜ばれる!

海外旅行にいったら「お土産は何にする?」と、迷ってしまう経験があるかと思います。

この記事では、誰でも喜ぶ【1,000円以下】のお土産を紹介していきます。

安いからといって、喜ばれないとは限りませんよ!!

タイには安くて、いい商品が沢山あります。

 

お土産①:タイ石鹸

はじめに紹介するのは、タイの石鹸。

石鹸は日常的に消耗するので、お土産としてぴったりです。

その石鹸の中でも、タイで有名なのは”果物の女王”といわれるマンゴスチンを使用した石鹸。

僕も使用したことがありますが、すべすべフワフワでハマる!

香りもマンゴスチンや数種類のハーブを漂わせ、お風呂場は癒やしの空間になります。

 

他には、タイの老舗ブランドの「マダムヘン石鹸」。

タイでは定番の石鹸で、化学合成物質を一切つかってない、ヤシ油など天然の植物油脂を使用しているので肌に優しい。

価格もリーズナブルで、女性にもっとも喜ばれるお土産です。

 

お土産②:オシャレな布

多様なデザインのオシャレな布も、お土産として最適です。

安いものなら、1枚200~300バーツ(約650~1000円)くらいで買えますね。

特に安く買いたいなら、屋台やナイトマーケットで購入することをオススメします。

タイシルクで有名なブランド「Jim Thompson(ジムトンプソン)」は、約2,000~3,000バーツ(約6,850~10,300円)くらいするので、お財布に余裕があれば特別な方へのお土産として考えましょう。

 

お土産③:ヤードム

タイの定番アイテム、そしてお土産として人気の高いヤードム。

皆さん、一度は見たことがあると思いますね。

ミントやハーブの香りがするヤードムを鼻から吸い、気分をリフレッシュ&鼻の通りをよくする効果があります。

ユーカリオイルやボルネオといった自然の物から作られているメントールが入っているので、身体にも安心。

ミント系、バラ系、ハーブ系、スパイス系など、多様な種類があります。

 

購入場所も、

・コンビニ
・薬局
・マーケット
・デパート

いろいろな場所で売っているので、『あっ、お土産買い忘れた!』という際の必殺アイテムです。

1本は約21バーツ(約70円)。

もっとも安いお土産ですね。

 

お土産④:Tシャツ

タイといえば、おもしろ系のTシャツ、可愛いTシャツ、クールでスタイリッシュなTシャツ、屋台にいけばかなり格安で購入できます。

お土産としてもかなり喜ばれますね。

値段も、1枚100~300バーツ(約340~1000円)とお手頃。

150バーツ(約500円)くらいでも、ハイクオリティな掘り出し物があるはずです。

 

お土産⑤:ハーバルボール

こちらは女性に喜ばれるお土産、

タイ古代マッサージで使われる”ハーバルボール”も格安で購入できます。

ボールの中にはハーブが詰まっていて、温めて使うと血行促進となりデットクス効果が抜群!

ちょいオシャレなお土産も、1,000円以下で変えるタイが素敵。

 

お土産⑥:タイパンツ

種類が豊富なタイパンツも、お土産として最適です。

定番デザインなら、100~250バーツ(約345円~860円)で購入可能。

おすすめは、タイパンツの腰回りは紐より紐ゴム!

紐ゴムのほうが、日常生活でもストレス無く着心地が抜群です。

普段でも使えるようなにド派手な柄物ではなく、黒や紺などの一色のデザインのほうが使い勝手がよいでしょう。

 

買っちゃだめ!喜ばれないお土産まとめ

お土産で避けたほうがよいモノを紹介していきますね。

せっかく買ったからには、喜んでほしいのは当たり前。

厳選して、お土産を買っていきましょう。

 

①:お菓子やドライフルーツ

タイのお菓子でも美味しいものはありますが、少し冒険しすぎると口に合わない可能性があります。

定番の「マンゴーのドライフルーツ」を、1度はお土産にもらった経験がありませんか?

完食したでしょうか? 一口で止めた方が多いと思います。。。

僕の意見として、ドライフルーツは美味しいのと美味しくないのがはっきりしているので、買う時にはしっかり調べてから購入したほうがよいですね。

そしてお菓子をお土産にする時は、タイのコンビニで買ったほうが美味しく喜ばれる可能性があります。

ホテル近くのセブンに行き、変わったお菓子を購入するのがオススメです。

 

②:料理キット

お土産でも、タイ料理をご家庭で作る”料理キット”も人気があります。

しかし注意点として、

・モノよっては舌に合わないこともある(味が苦手すぎて食べれない)
・激辛によってお子さんがいる家庭には不適切
・カレーペーストを買っただけでも、ココナッツミルクや他の具材がないと美味しくならない

などなど、様々な問題がでてきますね。

 

料理キットでも、全ての具材がコンプリートしているセットのほうが喜ばれます。


・グリーンカレーペースト
・ココナッツミルク
・バイマックル
・レモングラス

※足りない具材はなく、美味しくなる

できることなら「グリーンカレーペースト+ココナッツミルク」など、2セットで送ることで、ご家庭でも美味しく調理ができ喜ばれるでしょう。

 

③:ド派手な象グッズ

色々ある象グッズは確かに可愛い!

それも女子に人気があり、お土産としてもいいかなと思いがちですが、

物によっては『ちょいダサい、、、』的な感じになってしまう場合があります。

 

スタイリッシュで日常生活になじむデザインなら、喜ばれることがあるかもしれませんが『まさにタイ!!』のようなデザインだと、普段使われることもなく捨てられます。

お土産でもできるなら、日常生活でも使ってほしいですよね。

象グッズが悪いのではなく、ここはセンスの問題です。。。!

安くても『おっ、これ可愛い』というような、確かな目利きを持ち、良いお土産を購入しましょう。

 

まとめ

《【1000円以下】タイ・バンコクのオススメお土産6選!これだけ買えば喜ばれる!》の記事でした。

最後までお読みただき、ありがとうございました。