真犯人フラグ

【真犯人フラグ考察】第1話:盗撮の犯人は橘一星?不倫を捏造?【ネタバレ】

 

秋元康さんが原案したオリジナルミステリー『真犯人フラグ』が話題沸騰中です。

第1話から多数の疑惑や怪しい人物が生まれ、考察が止まらないでしょう。

 

凌介が地下鉄で”謎の女”に絡まれているときに、誰かが盗撮しているようなシーンがありましたね。

あの盗撮している犯人は誰なのか?

そして、なぜ盗撮する意味があったのか?

深堀りつつ考察していきます!

 

↓↓この記事に書いてある内容↓↓

・盗撮の犯人は橘一星?

・不倫を捏造し、盗撮した意味は?

・第1話の世間の考察は?

以上の内容で記事を進めていきます。



【真犯人フラグ考察】第1話:冷凍遺体(子供)は相良凌介の息子でない【ネタバレ】『真犯人フラグ』が話題沸騰中です。その第1話の最後のシーン、冷凍されていた遺体(子供)は相良凌介の息子・篤斗なのか?気になっている方も多いと思います。。。しかし、あれはダミーの可能性が高そうですね!考察を見ていきましょう!!...

 

【真犯人フラグ考察】第1話:盗撮の犯人は橘一星?不倫を捏造?【ネタバレ】

凌介が地下鉄のホームで”謎の女”・本木陽香に間違って声をかけられますが、あの行動は何だったのか?

そして、盗撮していた犯人は?

その犯人として、ITベンチャー社長の橘一星といわれていますね。




盗撮したのは”橘一星”で特定?

盗撮していた犯人は、橘一星と考察されていますね。

彼は、ITベンチャー『プロキシマ』を立ち上げた大学生起業家です。

その理由として、

・持っていた黒のスマホが一緒
・スマホを覗くたびに意味深な表情をする
・第2話で同じような格好をしている

世間の考察はこのようになっています。

現段階でもITベンチャーの『プロキシマ』という会社は、どのような事業内容かも不明で、社長の橘一星が意味深な表情を繰り返すので、”盗撮犯人は彼”という声は多いですね。

 

『真犯人フラグ』のHPでも、犯人フラグとして橘一星は現在1位となっているので、かなり怪しい人物をとして世間に見られています。

しかし、そんな簡単に考察が当たるのか?というところも気をつけなければなりません。

ドラマ内に散りばめられている伏線はかなり複雑で、後にあっと驚く結果になる場合もあるでしょう。




盗撮理由は”不倫の捏造”か?何のために?

さらに気になるのは、盗撮した理由です。

何のために盗撮した?

シーンを振り返ってみると、不倫関係を演出しているようも感じます。

腕も組み密着している姿をみると、”不倫事実”を捏造しているふうにも見えますね。

 

この証拠写真か動画を、凌介の妻・真帆に見せるのか?

誰に見せつける証拠なのか?

週刊誌に売るために、捏造し盗撮?

など色々な考察が浮かんできます!

 

そして、間違いなく”盗撮した犯”人と”謎の女”はグル。

仮に盗撮した犯人が橘一星なら、”謎の女”とチームで動いていることになりますね。

謎の女・本木陽香

 

盗撮された時刻はPM9:32だったので、

すでに相良家には、真帆、光莉、篤斗の3人はすでにいなかったことになり、この不倫写真を真帆に見せることになると、家を出た後になります。

盗撮理由は何のためなのか?

誰からの依頼?なのかも、気になるところです。




『らっきょう持って帰りました?』の意味は?

さらにそのシーンでは、謎の女が、

『酔っ払って駅に放置とか、らっきょう持って帰りました?

と伏線とも捉えられるキーワード”らっきょう”

今後に関係がありそうな予感が。。。。




盗撮の犯人に対して世間の考察は?

まとめ

《【真犯人フラグ考察】第1話:盗撮の犯人は橘一星?不倫を捏造?【ネタバレ】》の記事でした。

最後までお読みただき、ありがとうございました。

 

↓↓真犯人フラグの考察&ネタバレ↓↓

【真犯人フラグ考察】第1話:冷凍遺体(子供)は相良凌介の息子でない【ネタバレ】『真犯人フラグ』が話題沸騰中です。その第1話の最後のシーン、冷凍されていた遺体(子供)は相良凌介の息子・篤斗なのか?気になっている方も多いと思います。。。しかし、あれはダミーの可能性が高そうですね!考察を見ていきましょう!!...