スポーツ選手

【2022最新】小平奈緒の結婚相手や旦那は?独身なのは李相花と仲良すぎだから?

 

女子スピードスケート選手の小平奈緒さんは、2018年平昌オリンピックで”日本人女子初”の金メダルを獲得。世間をアッと驚かせた人物の1人。

2022年北京オリンピックでも、2大会連続の金メダルは射程圏内でしょうね。

小平選手は、現在35歳(2021年11月時点)。

旦那や結婚相手はいるのでしょうか?

選手としての顔ではなく、プライベートの素顔も徹底調査していきます!

 

この記事に書いてある内容

・小平奈緒の結婚相手や旦那は?

・独身なのは李相花と仲良すぎだから?

・小平奈緒は坂上忍から求愛される!



【2022最新】小平奈緒の結婚相手や旦那は?独身なのは李相花と仲良すぎだから?

”スピードスケートの女王”として君臨する小平奈緒さん。

アスリートでの姿はパワフルで男らしい一面がありますが、

旦那や結婚相手はいるのか?

もちろん、競技を離れるとキュートな笑顔がたまらない”和美人”です。

現在、結婚しているかを見ていきましょう!




小平奈緒の結婚相手(旦那)は現在いるの?

旦那について情報を検索したところ、

ネットでは『結婚している』噂が流れていますが、どの週刊誌を探しても、

”結婚”の事実がありませんでした。

小平選手は現在35歳。年齢的には結婚期に入っていますが、まだ結婚は先のようです。

なぜ”結婚説”が巷で流れていたというと、

『小平智と古閑美保の結婚』のニュースが間違った形で世間に伝わったようです。どこからか話がネジれて認知されたようですね。

このタイトルを見る限り、名字が若干似ていたために勘違いした方も多かったのでしょう。




独身だけど彼氏はいるの?

まだ結婚はしてない独身ですけど、

彼氏のほうはどうなのでしょうか?

可愛らしいルックスなのでチラホラいる感じもしますけど…。

熱愛している”本命彼氏”も調査しましたが、まったくそのような噂はでていません。

彼氏も現在いないようです。

 

過去に一度、”彼氏”についての話題に触れたことがあり、

2010年のバンクーバー五輪では、マスコミに対して

『彼氏募集中です』

と答えていた小平選手。

当時は『いない』と告白してましたが2021年で”10年”経っています。

もう特定の男性がいてもおかしくないですよね?

 

ネットのどこかに週刊誌の情報やツーショット写真はないのか?と探しましたが、本当に彼氏はいないようです。

清水コーチとの密着写真はありますたが、これはそのような関係がではないですね。

小平奈緒さんは超ストイックな性格なので、恋愛に時間を使う暇がなく、現役引退するまではスケート一筋かもしれません。

もし仮に熱愛報道などが出たら、驚きしかないですね!




まだ独身なのは李相花と関係があるから?

キュートな小平選手に彼氏がいないのは、まさか、李相花選手のせいのなのでしょうか?

2人の仲の良さは国籍を越えた友情であり、過剰な親密具合に『そっち系?』と疑ったほどです。

氷上ではライバルとして火花を散らす2人だが、3歳年下の李相花は小平を「ねえ」「ナオ」と呼んで甘えた。小平も李相花を「サンファ」とファーストネームで呼ぶなど、「メディアで紹介されていた以上に仲が良かった」(中央日報)という。

引用元:産経新聞

まさか……○ズ??と世間は想ったはずですね。。

この関係が原因で、男の噂がまったく見えなかったのかと疑いました。

しかし、李相花選手は2019年に韓国タレントのKangNam(本名:滑川康男)さんと結婚し、そのような関係ではなかったことを証明。

なぜ小平選手はいままで男の影がでないのか、それともただ報道されてないだけ?




小平奈緒の好きな男性のタイプは?

小平奈緒さんの”好きなタイプの男性”はどんな人なのか?

インタビュー記事などを探しましたがなく、男関係のネタはNGかと思うほど一切ありません。

しかし、男性側からのアプローチは多いようで、タレントの坂上忍さんは超が付くほどの小平ファン。

情報番組『バイキング』では、

《俺、本当に小平選手が好きなの。全部好きなの!》

《小平選手だったらヒモになっても良い》

モニター越しに全面アピールも。

ガチで小平選手のことが好きなようですね。

ここまでモテる方なのに、彼氏がいないのが不思議でもあります!




小平奈緒のプロフィール

名前:小平奈緒(こだいら なお)

生年月日:1986年5月26日

出身地:スピードスケート選手

身長:165cm

血液型:A

最終学歴:信州大学教育学部卒業

所属:相澤病院

 

まとめ

《【2022最新】小平奈緒の結婚相手や旦那は?独身なのは李相花と仲良すぎだから?》の記事でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。