バンコク→パタヤの移動はバスがおすすめ!時間や料金、快適さも紹介!

観光

 

知りたい人
バンコクからパタヤに移動したいんだけど、何がオススメかな?バスが安いし良いと言われているけど、どこで乗るの?停留所や移動時間は?チケットの料金や乗り心地も知りたい。。。

 

今回は、このような人の為に記事を書きました。

早速ですが見ていきましょう!

 

✔本記事に書いている内容

・バンコク→パタヤの移動はバスがおすすめ!

・パタヤ行きの高速バスの移動時間や料金は?

パタヤ行きの高速バスは超快適!

 

 

✔本記事を書いている人

こんにちはリョースケです。

僕は30代になってから、タイの魅力にどっぷりハマってしまったタイマニアです。

この記事では、できるだけタイの『ここが最高だよ!』というような、とびきりな情報を提供していきますね!

現地にいきタイの屋台文化、寺院や観光地、遊び場など、僕がいろいろ見て厳選した場所を紹介。

旅行に行った際に、ぜひ参考になれば幸いです。

 

 

バンコクからパタヤに移動はバスがおすすめ!時間や料金、快適さも紹介!

バンコクに滞在していた際に『パタヤに行きたいけど、どの移動手段がいいかな?』と悩んだ挙げ句、高速バスがいいことに気づきました。

そして、実際に高速バスでいったところ、安いし快適で最高でした。

今回は、バンコク→パタヤまでのバスの乗り方の完全ガイドをしますね!

 

パタヤに行くには高速バスがいい!

パタヤに移動する際に『タクシー?電車?』など色々調べましたが、

高速バスが1番コスパがいいですね。

メリットとして↓

・バンコク市内から乗れる
・チケットが安い
・想像以上の快適さ
・現地の様子を体験できる

実際には高速鉄道やタクシー、レンタカーなど行く手段は様々ですが、トータル的に高速バスが僕は1番良いと感じました。

バスの乗車も、BTSのエカマイ駅出口すぐに停留所があるので、アクセスも簡単。

バンコク中心街に泊まっていても、遠足気分でいけます。

しかしデメリットとしては、”時間がかかる”ことですね。

それも踏まえて詳しく、下記で紹介していきます。

 

 

パタヤまでの料金や移動時間は?

バンコク→パタヤまでのバス料金はこちら。

片道一人:108バーツ(約350円)

往復でも、108✕2=216バーツ(約700円)

 

超コスパがいいですね!!

エカマイのバスターミナルについたら、『パタヤのチケットあるよ!』と複数人の客引きがきますが完全スルーして、入って1番右手前の「PATTAYA S」と書かれている窓口で購入してください。

※青い「S」の字のマークも目印にしてください

他のバスでも行くことはできますが、チケットが少し高かったり、行くまでに停留所がありすぎて時間がかかったりなど、デメリットもあるので、購入は気をつけることが大切です。

買い方は、窓口で『パタヤ』と行き先をいえば、チケットを用意してくれます。

営業時間は、AM 4:30〜PM 23:00の間、30分〜40分間隔でバスは出ていますね。

 

そしてパタヤまでの移動時間は、約2時間〜2時間30分ほどで到着します。

 

高速バスは座り心地がよく快適!

『東南アジアでのバス大丈夫?』『乗り心地は悪くないの?』と心配になさる方も多いと思いますが、想像以上に快適でした。

指定席はもちろん、シートの間隔もしっかり取られていて、イスの座り心地も最高でエアコンなども完備。

2時間以上の長旅なので、心配になるトイレのほうですが、ちゃんと設置してあります。

他の乗客のマナーもよく、運転手もいい人でしたね。

バスに乗っている時は、寝るポイントとして身体を休めれば、あっと言う間にパタヤに到着。

現地の雰囲気を体現し、快適なバスの旅を楽しみましょう。

 

高速バスに乗る時の注意点3つ!

ここでは、高速バスの注意点を紹介していきます。

さすがに東南アジアで”高速バス”というと、色々と心配になる人も多いかと思います。

なので、気をつけていただく注意点3つを説明。

 

注意点①:チケットは正規店から買う

先ほども説明したように、チケットの購入は「PATTAYA S」(※青い「S」の字のマークも目印)と書かれてある窓口での購入をオススメします。

繰り返しますが、バスターミナルに入ってすぐ”1番右手前”の窓口にいってください。

他の客引きで購入しますと割高になってしまう恐れがあるので、パタヤまでの片道は約108バーツくらいなので、倍の値段も請求されたら『あれ、おかしいな?』と思い、別の場所にいきましょう。

チケット購入の際には、客引きに捕まらず騙されないように。

 

注意点②:大事な荷物は預けない

僕は荷物のトラブルはなかったのですが、心配な人は荷物を預けないほうがいいかと思いますね。

乗車の時には、外側に荷物の収納場所があるので(※バスの腹の部分)、紛失などを避けるために車内に持っていくほうがいいかと。

さらに収納する時には、かなり雑に荷物を扱うので、ビンやパソコンなど壊れやすいものがあるのならなおさらです。

海外では、自分の身は自分で守るのように、あらゆるトラブルを避けるために自己責任でいきましょう。

 

注意点③:時間はもちろんルーズ

インドほどではありませんが、タイも時間のルーズさはあります。

出発場所や時間を、念入りに2回以上も聞いたほうがいいでしょう。

みな親切なので、困ったら人に聞くを習慣にし、タイライフをエンジョイしていきましょう。

 

まとめ

《バンコク→パタヤの移動はバスがおすすめ!時間や料金、快適さも紹介!》の記事でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。